posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


18:03
posted by Killer Queen
TV(ドラマ)
comment : 0
trackbacks : 1

女系家族 第7話 感想

梅村流の稽古場で文乃(米倉涼子)と藤代(高島礼子)が鉢合わせしたとこから始まりましたが藤代の相変わらずの恫喝で文乃退散。ますます藤代が怪談に出てくる幽霊のようだ。
芳三郎はうまく藤代を丸め込みましたが、どんな修羅場が訪れてもこの人は動揺せずにやり過ごしそうですな。僕もこんな強いハートが欲しいもんです。

宇一に黙って藤代と芳三郎は秋田の山林を箕に行くわけですが山守を買収しようとするあたりはさすがです。三人で山を登っていくわけですが藤代が遅れているのにポンポン山を登っていく芳三郎は鬼です。そして藤代は負傷。んでもって旅館では2人は合体ですよ。釣りバカだったら合体って出てきますがもちろんこのドラマでは出てきません。そして、芳三郎は寄付金を藤代に迫ったりとヤリたい放題です。ほんとに腹黒いです。

藤代がいないのをいいことに千寿は文乃を嘉蔵の形見分けをだしに家に呼び、子どもを養子にもらおうとしますがそこにおばさん(浅田美代子)と雛子(香椎由宇)登場。
千寿夫妻はいつも企みが失敗しますね。それにしても浅田美代子演じるおばさんはいい加減うざいです。でもこんなおばさんってよくいますよね。

宇一は探偵事務所に藤代の身辺調査をするよう頼み、芳三郎が浮上。やっぱこの人も悪党ですな。宇一と芳三郎といつか相対するときがくると思いますが、その時どんな展開を見せるのか見物です。

芳三郎は雪舟の掛け軸が文乃の家にあると踏んで家を訪ねましたが文乃は否定。
でも、家に来る前に芳三郎は骨董屋で掛け軸が文乃の家に返却されたと知っているので知らない振りしても無駄でしたね。芳三郎がこれからどう攻めるのか期待したいです。
ここで知らないと答えたことにどんな意図があるのかは知りませんが文乃もいろいろ裏がありそうなにおいがぷんぷんします。

藤代が文乃の家に合鍵を返しに来ましたが、普通に忍び込む気があったような気がしないでもないです。そして、いつものように文乃をいびって帰ろうとしますが、文乃がようやくここで反撃。今まではずっと大して反撃もせずに耐えてきた文乃がここから逆襲を見さえてくれそうな予感です。
でも、押入れのたんすをしきりに文乃は気にしていますがなにが切り札を隠し持ってそうですね。

来週以降また面白い展開が期待できそうです。




☆最後まで読んでくださってありがとうございます。女のどろどろした争いが好きだという方はクリックお願いします。
           ↓
人気blogランキング

23:58
posted by Killer Queen
TV(ドラマ)
comment : 0
trackbacks : 0

夏のお気に入りドラマ

今日は、エウレカがゴルフのために休みだったので何について書こうかなと思っていたんですが、あることに気づきました。一応このブログではアニメ、漫画、ドラマなどの感想や・・・といった方針の下、二週間ほどやってきたわけですがドラマについて一切触れてないんですよ、僕。別に何も見ていないってわけじゃなくて、今クールのドラマも結構見てはいるんですよ。でも、今日何書こうかな?ってなった時にドラマのことをすっかり忘れてしまっていまして今日に至るわけです。

・・・そこで、今日は今クール僕が見ているドラマについて今まで見てきた感想を大まかに書きたいと思います!

続きを読む >>

OTHERS