posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 今週のヤングジャンプ&少年マガジン 45号 感想  ◆  BLOOD+ 第一話 「ファーストキス」 感想 >>
23:58
posted by Killer Queen
アニメ(アニメ)
comment : 0
trackbacks : 0

雲のむこう、約束の場所

このアニメ、今までずっと見たかったんですが、今日やっと見ることができました!よく行っているレンタルショップでは、いつもレンタル中で借りることができなかっただけに、借りることができてよかったです。

・・・ということで、上手く書けるか分かりませんが感想に行きます。


まず思ったのが、映像が目茶苦茶綺麗だということ。特に太陽光などの光の映像が「おぉ!」って思うぐらい綺麗です、ハイ。この時点でかなり満足でした。
そして、主役の藤沢浩紀を演じている、吉岡秀隆さんがナレーションもされているんですが、これが切ない感じを醸し出していていい感じでした。浩紀を演じているのを聞いても、声優としてもやっていけそうな気がします。

また、ヴァイオリンの音色など、ところどころで流れるBGMがいいですね。映像や物語ともよくマッチしていると思いますし、すごく切ない気持ちにさせてくれます。


そして、肝心の物語についてです。


最初、設定がよく分かりませんでした。戦後の話っていうのは分かるんですが、ユニオンというのが何なのか、なんとなくでしか分からなかったです。一応、物語の世界の設定では、日本が南北に分断されたもう一つの戦後ってことなので、北の政府ってことなんですかね。
こういうところを見ると、最終兵器彼女を思い出しちゃいました。誰と戦っているのか?とか、北海道が出てくるところとか、主人公とヒロインの悲恋みたいなところが。


物語は、藤沢浩紀白川拓也沢渡佐由理の三人を軸に展開されます。まずは中学時代の話です。このとき浩紀と拓也は蝦夷(北海道のことをここではこう呼びます。)との国境の向こうにある塔に行くために飛行機(ベラシーラ)を作り始め、佐由理と三人で行こうと約束をします。これがこのアニメのタイトルの”約束の場所”になるわけです。


そして、それから三年後、拓也は青森の高校に通いながら、塔を調べていて、浩紀は東京の高校に通っています。佐由理は、三年前に約束をしてから長い昏睡状態になっています。
どうやら佐由理は夢をずっと見ているらしく、その夢は塔と密接な関係があるみたいです。話の展開を見る限り、その夢を通して、浩紀・拓也・佐由理の三人はつながっているんでしょうね。
その夢の中に出てくる飛行機(ベラシーラ)もまた三人をつなぐものなのでしょう。


佐由理の病室を訪れた浩紀は、佐由理はいないのに、そこに佐由理の気配を感じます。(実際、夢の中にいる佐由理がひとりそこにはいるのですが・・・まぁ、見てくれれば分かります。)そして、二人の手が合わさったときの演出が秀逸でした。映像といい音楽といい、泣かせてくれるすばらしい演出です。このときの夕日はかなり綺麗でした。そして、ここで浩紀は佐由理に絶対に”約束の場所”に連れて行くと約束します。


浩紀と拓也は、佐由理を”約束の場所”に連れて行くのかどうかでもめて、険悪になりますが、最終的には”約束の場所”に三人が行くっていう展開になったのはよかったです。このときに、浩紀がヴァイオリンを弾いたところは、三人の中学時代の回想シーンが流れたり、差し込んでくる光の映像が綺麗で感動を誘いますね。


最後は、”約束の場所”に浩紀と佐由理が到着し、佐由理は夢から覚めたのですが、このときの演出も秀逸だと思いました。太陽光や、浩紀と佐由理の互いを思う気持ちがこのときに重なり、かなりよかったです。



EDも映画の世界観に結構あっていると思いましたね。歌手名は♥になっていましたが、多分、川嶋あいさんですよね。


全体的に言うとかなりいい映画でした。アニメやドラマを見ても、僕はあまり泣かないのですが、この映画は泣きました。アニメで泣いたのは、最終兵器彼女以来ですかね。特にヒロインと主人公の悲恋とかは、かなり好きなので余計に泣けましたね。それに、自分の中学時代などの想い出も甦ってきたりして。。。

こんなにいい映画を作った新海誠監督はすごいですね。次回作が出たら、また見ようという気持ちにさせてくれるぐらい、いい作品でした。

まだ、見たことが無いという人は、いい作品なので是非見てください!!!



◇最後まで読んでくださってありがとうございました。よろしければご協力お願いします。
  ↓
人気blogランキング

posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/70

OTHERS