posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 今週の週刊少年ジャンプ34号 感想  ◆  今週のヤングジャンプ35号&週刊少年マガジン34号 感想 >>
23:30
posted by Killer Queen
アニメ(機神咆吼デモンベイン)
comment : 0
trackbacks : 6

機神咆吼デモンベイン 第9話 「THE HUNT」

 アルが居なくなって2話目です。何か寂しいですね・・・。


 前回は、ドクター・ウェストと九郎が協力してアンチクロスを倒す、という燃えるような展開だった訳ですが、今回も二人の協力関係は続いています。カリグラの仇を取りに来たクラウディウスと、ティトゥスの二人が攻めてきて、それを迎え撃つっていう話でした。ウィンフィールドはティトゥスを戦って負傷。さすがに軽傷では終わらないんですね。クラウディウスは、アルのいない九郎と戦いますが、ドクター・ウェストたちの助けによってなんとかかわして、デモンベインで戦うことに。

 最後は、クラウディウスを倒して終わるんですが、仕方が無いとは言え、話の展開が若干速すぎるというかいろいろと端折ってる気がしてイマイチ流れが掴めてないところがあるんですよね(汗)。原作未プレイの自分にはちょっとキツイかも(苦笑)。もうちょっと、それぞれのキャラを掘り下げたり、端折ってることが分かりにくいような展開にしてくれれば、九郎とドクター・ウェストの協力するところなんかも今以上に盛り上がるんですけどねー。

 あと、戦闘シーンは水曜日にあってた「イノセント・ヴィーナス」の方がずっと良かったです。デモンベインはもうちょっと頑張って欲しい!

 で、アルの復活はいつですか?(ついでに、マスターテリオンとエンネアも)


posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/333

機神咆吼デモンベイン 第9話   今回はけっこう止め絵のクオリティが高かった。その代わりと言っちゃあ何ですが、キャラの動きやストーリーがかなり割を食っていますがね。  サブタイトルは“The Hunt”。元ネタはヘンリィ・カットナーの同名の
士月のホームページ : 2006/07/29 00:01
(アニメ感想) 機神咆吼 デモンベイン 第9話 「THE HUNT」  機神咆吼デモンベイン 1巻 DX(デラックス)版 心を通わせた少女を失い大切なものを守れなかった悲しみに身を引きさかれて・・・それでも英雄はここにいる・・・。苦戦の末、クラーケを撃破した九朗。街の犠牲は大きく、都市機能も通常の43パーセントまで低下し、人々
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2006/07/29 00:17
機神咆吼デモンベイン 第9話「THE HUNT」  [カリグラ」の仇を討つために、覇道基地へと進入した 「クラウディウス」@川上ともこ 一人だけかと思ったら、 「ティトォス」@譲治 も参戦。 あわや、ウィンフィールド!! だけど、助かったんだよね?!
ガブリエルのブログ : 2006/07/29 01:22
EP09 THE HUNT  {{{  復讐者。  狩猟者。  凌辱者。  破滅の彩に染められた侵略者が踊る。  だが狩りたてる物よ、心せよ。  汝の獲物もまた、剣を持つ狩人である事を知れ。  だが狩りたてる者よ、心せよ。  闇を狩る影もまた、汝の側に迫っていることを。  悪
日々閑話 : 2006/07/29 02:38
アニメ「機神咆哮デモンベイン」第9話 感想。  第9話「THE HUNT」 ――最後まで、戦ってやるさ。 最終回に向かって走れ、な第9話。 今回はアル・アジフの語りから物語開始。 アルを失った九郎ちゃんは未だ奮闘中。 そんな中、カリグラの仇だと、クラウディウスが乗り込んできます。 隔壁を次々と突破し
夢の日々。 : 2006/07/29 10:37
機神咆吼デモンベイン 第09話 「THE HUNT」  今回のサブタイトルつけるとすれば・・・ クラウディウス苦難の日なんていうか可哀想なくらい酷い扱いというか・・・(^^;見ててちょっと涙がでちゃったよ(ノ∀`) 彼がコント的立場にいるとしか見
ゆめみん的れびゅー : 2006/07/30 00:35
OTHERS