posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 格闘美神 武龍 REBIRTH 第1話「フツウの看板背負って」  ◆  PLUTO 3巻 >>
23:55
posted by Killer Queen
漫画(ヤングジャンプ&少年マガジン)
comment : 0
trackbacks : 0

今週のヤングジャンプ19号&週刊少年マガジン18号 感想

あっという間に4月ですね・・・って今更ですが(笑)。今クールは、アニメの数多いですね。首都圏に住んでいないので、普段はホントに見てるアニメの数少ないんですが、それでも今期は多いです。

取りあえず、まだ放送されてないアニメもあるので、なんとも言えませんが、友人が面白いから見ろ!と言っていた「いぬかみっ!」と「涼宮ハルヒの憂鬱」だけは確実に見ようかと思ってます。あとは、武龍とかエア・ギアとかかなーと。これでも、いつもよりは少し多いです。スクランは、原作好きじゃない&前作見てない&南里侑香降板という時点で見る気無かったので、見てないです。他にもあるんですが、時間的に見れるか微妙ですね。

本当は、「TOKKO 特公」が、見たいんですが、WOWOWって・・・orz。地上波でやって欲しかったです。つか、原作3巻しか出てないのに何でアニメ化なんだろ・・・。


・・・ということで、今週のヤングジャンプ&週刊少年マガジン感想です。
ますは、ヤンジャンから。おくさまは女子高生はお休み。


■カウンタック

300km/h目指してひた走るカウンタック。フロント部分のダウンフォースが無くなる、というアクシデントもありますが、舜もうまく対応。そして、伝説のイオタがやって来て・・・という展開。
ついにカウンタックとイオタの対決ですね。多分、カウンタックがギリギリ勝つか、互角ぐらいで終わると思いますけど。


■タフ

ジェットは圧倒的な強さでカーマンを攻め、腕ひしぎ逆十字でKO勝ち。憙一は、ジェットと鬼龍が繋がっているということを知って俄然やる気ですが、朝昇が何かよからぬことを知っているようでして・・・。
朝昇が一体何を言うのかは分かりませんが、憙一のことだから、そんなの全然気にしない気がしますね。


■ガンツ

ライターの菊地は吸血鬼の元へ、取材ということで乗り込みます。だから、前回出ていたのは、やはり菊地だったみたいですね。
菊地は、取材する代わりにガンツチームの情報を吸血鬼たちに提供。その提供した情報は和泉のものでした。玄野の弟のアキラは、玄野に「命が狙われてるから、早く身を隠せ」的な電話をします。んで、吸血鬼チームの襲撃が今夜ということを菊地に玄野が聞いて・・・というところで次回へ。
和泉が電車で西と話しているところに吸血鬼の影がって感じで終わったので、次は戦闘になるんでしょうな。和泉のことだから多分大丈夫だと思うけど、問題は玄野ですよね。下手に和泉のところに駆けつけるとかしなきゃいいんですが・・・。


■ZETMAN

ジンはプレイヤーとの戦闘に勝機があるみたいで、最後の最後に力だしてプレイヤー倒したっぽいです。一方の黒服と岸本博士はピンチですねー。持ってた武器も壊されちゃったので、ここからどうするのか気になるところ。
ジンが間一髪のところで駆けつけると思うけど。


■ギミック!

今回は新章突入。世界の歌姫マリア・セロンという若い女の子が登場。デルトロの紹介で公平の元へ来たらしく、自分をトップの座からどかそうとしている動きがあり、邪魔者がツアー・スタッフに潜んでいるということで、公平にLIVEで使うマスクを作ってくれるように依頼しに来たとのこと。
でも、公平の作りかけの仕事をダメにしてしまうなど、公平の怒りを買ったマリア。公平は仕事を引き受けるつもりは無いらしい・・・。マリアは、歌いたい歌も歌えずに、プロデューサーに売れる歌だけ歌わされてるって感じで、衝突もしばしば。
多分、マリアのことを狙っている黒幕はプロデューサーでしょうね。んで、マリアは過去に野宿とかしてたみたいなので、それに自分の母親がらみのこととかいろいろありそう。公平が、それに対してどう絡んでいくかってところが見物ですな。


■華麗なる食卓

デバブラタの使ったのは、プレ・サレではなく、ソルトブッシュホゲットというオーストラリアで育てられた羊の肉だとか。これには会場にいた榊なども驚くばかりで、審査員も絶賛。地球規模の旨さというお墨付きです。そして、判定へ。マキトは50点満点中46点で、デバブラタは当然のように満点。マキトは、トーナメントでの雪辱を誓うといったところで終了。
今回は、予想通りマキト敗れるっていう展開でしたね。今まで何回か言ってますが、僕はこの展開がいいと思ってます。そして、次は何とか勝つという王道な展開で。次の楽しみが増えたってことで、トーナメントも楽しみですね。



次はマガジンです。来週から金田一少年の事件簿が始まりますね。楽しみです。


■MRH

RHZから一年後のかすみのお話。夏樹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!な話に僕は満足です(笑)。過激環境保護団体のブラックピースが、飛行機をハイジャックしたということで、それを久遠時夏樹と浅倉かすみの二人が解決するという話。最後には、今後の事件の軸になるであろう真悠子という女の子が登場して終了。
短期集中連載ということですが、投げずに少しでも長く連載して欲しいですな。二人(特に夏樹)が活躍してくれればそれでいいんですが、鬼道とかもちょこっと出てきてくれるとさらに嬉しいですね。


■KYO

遊庵やほたる、辰伶が復活。血の兵士たちと戦闘へ。他にも人間界でも徳川や真田の連合軍が戦っていますし、サスケたちも扉を開けようと奮戦。そして、それを先代は気付いていなかったという、王道的展開ですが、燃えるような展開でした。狂も殺られていなかったので、次週からの反撃に注目です。


■はじめの一歩

ジミー・シスファーについての話が主。一歩が壊されないように頑張りますって感じでそこは終わりましたが。
ジミーは日本に来日しましたが、かなりヤバそうですね。何か目が逝っちゃってますな。一歩は結構苦戦しそうですよ、これは。


■ツバサ

舞台は、日本の東京でした。酸性雨によって残っている建物は、タワーとサクラたちが今いる都庁のみで、地下に水があるんだとか。この二つの場所に、サクラの羽根があってうんたらかんたら・・・って感じになるんでしょうね。


■さよなら絶望先生

今回は、身の丈測定のお話。身の丈にあっていないことをしている人、たくさんいますねー。

・大して収入無いくせに、高級外車を所有する奴。
・セレブでも何でも無い一般人のくせして、高級ブランド品をやたらと買い捲る奴。
・全然使いこなせないくせに、やたら性能のいい電化製品を買う奴。
・不細工な奴に美人の彼女。
・ブスなのにイケメンの彼氏。
・家は中流か、それ以下なのに結婚相手はセレブ。

自分で考えたのは以上ですが、中には違うんじゃ・・・というのもあるかもしれませんけど、そこはスルーの方向で(ぇ。
木津千里さんが、最後に身の丈にあうことを強要するところは、結構面白かった。自分も身の丈にあったことしようとか、少し思いましたw



posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  トラックバック機能は終了しました。

OTHERS