posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 絶望先生とかRHZとかいろいろ  ◆  BLOOD+ 第24話 「軽やかなる歌声」 感想 >>
23:55
posted by Killer Queen
TV(ドラマ)
comment : 0
trackbacks : 2

今クールのドラマについて、まぁいろいろと。

今クール見てきたドラマが、全部放送終了したので軽く感想でも。


◇けものみち (75/100点)

全9話ってのが少なかったような気がするんですが、映像も綺麗でしたし、中島みゆきの主題歌も合っていたと思いますし、そこそこ良かったんじゃないかと。松本清張原作ということで、脚本も破綻したものでは無かったので最後まで安心して見られた気がします。ただ、過去を捨てて金も権力もある老人の愛人になるっていう設定は、昔放送された名取裕子主演の「けものみち」では衝撃的だったみたいですが、今の時代にはむしろ珍しくないというか、衝撃的なものでもなんでもないというか、皆喜んでなるんじゃないだろうか?という気がしました。この部分などは、時代錯誤って感が否めませんでしたね。
民子を演じた米倉涼子さんも、こういう役が似合っているなーと改めて思いました。佐藤浩市さんも最初からきな臭い臭いをプンプンさせていたし、終盤はかなり怖い男だなって感じが出ていて良かったんじゃないかと思いました。仲村トオルさんもあの役ははまり役だったと思います。癌で弱りながらも真実を追い求める姿は、中々真に迫るものがありました。
結末は原作と若干違ったみたいですが、あの結末は良かったんじゃないかと思います。原作読んでいないのでなんともいえないところはありますけど。米倉さん主演のこういう感じのドラマは、多分またあるんじゃないかと思っているので、そのときはまた視聴したいと思います。
公式HPはこちら


◇時効警察 (75/100点)

このドラマは結構面白かったです。毎回、オダギリジョー演じる霧山が趣味で時効になった事件を解決していくドラマなんですが、事件の内容とかは、いい意味でアホっぽいというか、トリックっぽい感じがして好きでしたし、登場人物もかなり個性的な人が多くてそんな部分でも・・・というかそんな部分の方が楽しめた気がします(笑)。
麻生久美子演じる三日月もいい味出していましたし、霧山と同期の十文字も、馬鹿丸出しって感じで笑えました。個人的には、最終回の1話前の定食屋のオバちゃんを演じていた犬山イヌコさんがツボでしたwww
公式HPはこちら


◇アンフェア (70/100点)

実はこっそり見ていたこの作品。でも、録画失敗して最終回が途中で切れてしまい、最後まで見れていません・・・orz。安藤が死んで、雪平が安藤の残した鍵でロッカーを開けるところで見事に切れていました。その点で10点マイナスということで。
次から次に事件が起こってハラハラする展開もあったんですが、どこかで見たことあるような展開が終盤は続いた気がするので、そこは若干残念かなと。それでも結構面白かったんですけどね。
原作の「推理小説」を読んでいないので、いつか機会があったら読みたいと思います。
公式HPはこちら


◇小早川伸木の恋 (70/100点)

最終回までの流れは結構良かったんですが、最終回がイマイチな出来でした。それが主なマイナス要因でした。まぁ、ある意味衝撃の最終回でしたけど(笑)。イタリアの風景映像とか、イタリアの風景映像とか、イタリアの風景映像とか。
最後は、伸木とカナがくっつくことも無く、妙子と伸木は離婚。・・・といった感じでみんなそれぞれ独立したっていうのは、良かったのかもと思いました。まぁ、カナと伸木がくっつくのも見たかったですけど。
原作では、確か裁判の時に法廷で、カナが妙子に「(略)伸木さんを私にください。」って言うシーンがあるんですが、そのシーンは普通にドラマでは無かったです。結構期待してたんですけどね、そのシーンがあるんじゃないかって。主婦層とかに配慮した結果だったかもしれませんけどね。
最終回が結構中途半端な終わり方したので、そこでもやもやが残った感じがしました。妙子がいきなりまともになったり、伸木にカナが別れを告げる場面でも伸木はあっさりと別れていたり、いきなり小児外科の話題が出てきたりと( ゚д゚)ポカーンって感じのシーンが結構多かった気がしました。そこのところをもっとちゃんと作っていたら良かったんですけどね。あと一番美味しい思いをしたのは、竹林ってことでw
公式HPはこちら


◇白夜行 (85/100点)

今回見たドラマの中では一番満足したドラマだったかなと。最終回辺りの2話が結構駆け足すぎるというか、無理矢理すぎる感じがありましたが、まぁ仕方ないかなと思いました。結末に関しては、あれで良かったんじゃないかと僕は思います。亮司は、最後自分で腹を刺して飛び降りて自殺してしまいましたが、亮司にはあれが一番良かったのかもしれませんね。亮司は、罪をすべて自白して楽になりたいという想いと、時効まで罪を隠し通して雪穂を幸せにしたいという想いの中で葛藤していたと思うので、あんな風に死ぬことが一番良かったんじゃないかと。
それに亮司には、雪穂と一緒に時効まで逃げ切って、太陽の下を歩くことが出来ずに死ぬことは罰だったと思いますが、自分のことをずっと見ていてくれていた笹垣の存在によって救われた部分があったんじゃないかと。だから、結果的に亮司は魂が救われたって考えれば、太陽の下を歩いたことになったんじゃないかなと思います。
雪穂は、最後廃人みたいになっていた気がしますが、それが雪穂への罰ってことなんでしょうね。でも最後のシーンで、子供と太陽の下で手を繋いだのは、かなり辛い罰を与えられた雪穂へのせめてもの救いだったんではないかと。個人的に、亮司の子供が出て来た時点で、その子供と雪穂が、最後に何かしらの形で絡めばかなり熱いなぁと思っていたので、最後の子供は亮司の子供だったと思っておきます。そう考えると、亮司の遺伝子を受け継いだ亮司の子供と雪穂が、時効当日に太陽の下で手を繋ぐと言う演出が際立つと思いますし(間接的に亮司と雪穂は太陽の下で手を繋ぐことが出来たという意味で)、先に書いたように雪穂にはこれが救いになって、太陽の下を歩いたことになり、ほんの少しであってもこれからの生きる糧になるんじゃないかと。これで二人の約束は達成されたと思いますし。
・・・ということで、ドラマも終わったことですし、今度原作買って読もうと思います。
公式HPはこちら



今回は、結構面白いドラマが多かったように思います。次のクールは、いまのところ見ようと思っているのが少ないんですが、今クールのように面白いドラマが出てくればなぁと思いました。


posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/228

小早川伸木の恋-FINAL-   最近、ドラマの感想ばっか書いてて疲れてきました(;^ω^) ですので今回は顔文字だけで… はい。終了。 伸木・・・最後はちょいグダグダしてる部分も あったけども・・・ソレも良し!! さよならノブさん・・・
*YaLkiLes BLOG* : 2006/03/26 03:41
アンフェアなのは脚本家   遂に最終回を迎えた・・・ アンフェア 感想は一言です。 『これはひどい』 【見終わった我が表情】     /\___/ヽ    /        :::\   . | (○),  、(○)、 .:|   |     |_,    .:::| .   |    r―
*YaLkiLes BLOG* : 2006/03/26 03:41
OTHERS