posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< BLOOD+ 第20話 「シュヴァリエ」 感想  ◆  今週の週刊少年ジャンプ13号 感想 >>
16:00
posted by Killer Queen
アニメ(交響詩篇エウレカセブン)
comment : 0
trackbacks : 35

交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 感想

少しずつアネモネにスポット当たってきたって感じですかね。遅い気がするけど。今回出て来た艦長もレイ・アウト読んでたり、ドミニクに質問していた辺りから、土壇場で軍裏切ってゲッコーステイト逃がすとかしそうな気が・・・。個人的にはあんまりそういう行動はとって欲しくないんですけどね。


●レントン&エウレカ

相変わらずギクシャクしているレントンとエウレカ。いきなりギクシャクし始めた気もしますが・・・。エウレカは地球に着てから体の異変が生じ始め、それをレントンや子供たちに知られたくないって感じなんでしょうかねぇ。レントンは無神経発言しそうな気がするけど。もう2,3話この関係が続きそうですな。


●二代目アネモネ

二代目のアネモネは絶望病の患者の中から選ぶみたいでして・・・。結局、候補の三人は皆死んじゃいましたけど、グロかったですね。いつかの戦争の時、どっかの国がやってた人体実験の話が頭を過ぎりましたよ。コレを見てドミニクは何か決意したみたいですけど、アネモネ連れて脱走とかついにやってくれるんでしょうか。


●ホランド

新しいLFOに乗った影響で(?)かなり衰弱しているホランド。顔の紫ぃやつは痣なんですかね。一瞬、なんかの病気か、LFOに乗った影響で出たのかと思いましたが、どうなんでしょうね。無くなったと思っていたホランドの死亡フラグが再び立ったとか思いたくないんですがね。予告見ても思ったんですが、弱っても戦うホランドが見ていてなんか痛々しいです。。。


残りもあと5話。レントンたちがゾーンの向こうへ旅立ってからイマイチ盛り上がりに欠ける気がするので、「おっ!!」って言うぐらいの盛り上がりを見せて欲しいですね。


posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/203

「交響詩篇エウレカセブン」第44話  第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 自分の痛みがあるのなら、他人の痛みもわかってあげなさい…という話。 来るべき転換点に向けてのお膳立て(タメ)とも言うべきエピソ
salty blog : 2006/02/26 16:07
交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 キャプ感想  交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 キャプ感想 It's All In The Mindは直訳すると「心にはすべて、それがある。」でいいかな。
萌えと燃えの日記。 : 2006/02/26 16:17
エウレカセブン 第44話  「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」ワルサワに向かったドミニクはそこでアネモネの真実を知る。えーっとユルゲンス(だっけ?)艦長が意外と重要人物なんでしょうか?最初から出てるし、OPにもいるので、あれっと思ったら、今回はワルサワ出身とかエウレカとレン
くろまるブログ : 2006/02/26 16:17
コトマニ : 2006/02/26 16:20
エウレカセブン 第44話 「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  交響詩篇エウレカセブン第44話 ホランド自らを削いでの防衛。 厳しそうだ。 そしてマリッジブルーは悪化一途。 未だ島から一歩も出れず。 関係はむしろ後退。 モーリスは頑張ってたけどやっぱりママが恋しいんですね。 光り輝く体に希望はあるのかな?
Kimiteru's Blog : 2006/02/26 16:28
交響詩篇 エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」感想  もう一人のヒロイン=アネモネにまつわる衝撃の展開に思わず「えええ〜!!」な状態に。 その背景(内戦、戦争による家族の喪失)には地球を住めなくして地球から旅立った1万年前と殆ど変わらない状況があるんで、その辺の背景は意図的に重ねてきてるんだろうなぁ。 #ち
蒼穹のぺうげおっと : 2006/02/26 16:33
交響詩篇エウレカセブン (Episode.44 イッツ・オール・イン・ザ・マインド)  降り立った約束の地でエウレカとレントンの間に漂うギクシャクした空気、デューイが「あれ」と呼ぶアネモネという存在についに触れることになったドミニク。 フィナーレが近づく中で描かれた第44話はとにかく重く痛々しい雰囲気の中で進行していきました。(もう痛々し
ハリネズミのちょびっとMemo : 2006/02/26 16:42
交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  私は、こういうの結構耐性があるんですけど(ネットで色々見てきたため。決して得意ではない)、一般的には描写がキツメかな?と思いましたな。演出表現としては必要ですし、過剰でもないと思いますが、時間的なものとか考えると・・・、テーマはもう子供対象ではないで
猫煎餅の偏頭痛ブログ : 2006/02/26 17:07
交響詩篇エウレカセブン 第44話 「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」   最終回に向けて最後のヘタレを皆見せてくれているようです。 何というか、流石に此処までキャラを成長させるのに同じような展開を使われると飽き飽きしてくる。 もう少し捻りが
angel notes. : 2006/02/26 17:23
交響詩篇 エウレカセブン 第44話  ドミニクが知った真実は、あまりに、あまりに遅すぎました。
LUNE BLOG : 2006/02/26 17:32
交響詩篇エウレカセブン「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」雑記   【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】 行き詰まりは深刻に 空回りドミニクくん 史上最低研究所へようこそ 人体実験→日常 アネモネ・ツー×3→死亡 エウレカ→ヤバ気 ういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン」を見て感じた事な
ここには全てがあり、おそらく何もない : 2006/02/26 17:41
44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド  今回の提供はアネモネ、ドミニクでしたね。しかもドミニクのバックにはアネモネの花・・・吉田さんやります。 303について触れられたのでちょっと・・・ ホランドがほんとに死にそうな感じですが、そんなことより昨日の姉さんが強烈過ぎてはじめ深刻な気分に慣れ
胡蝶のユメ : 2006/02/26 17:41
交響詩篇エウレカセブン第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  約束の地「地球」(?)へと降り立ったレントンとエウレカ そこで二人の仲は険悪に 一方、月光ステイトのメンバー達はデューイの計画に対抗するために オレンジ発射機AFXを撃ち落しに
CHEZ MOKANA : 2006/02/26 18:24
交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  朝っぱらからテンションダウンさせられました。 死に掛けのホランド、「アネモネ」の真実、エウレカの症状悪化・・・もう気分が重すぎです。 でもドミニクが主役張ってたところは良かったかもw 交響詩篇エウレカセブン 9BONES 京田知己 三瓶由布子 バンダイビジュア
ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜 : 2006/02/26 18:25
交響詩篇エウレカセブン(44)  今週もゲロシーンですた。たまにはエロシーンも(笑)
イマドコ?いまここ。 : 2006/02/26 18:31
エウレカ 44        あの奇怪なアネモネのペット、やっぱ質感はモチモチのようです。 てっき
MY FOOLISH DAYS : 2006/02/26 18:50
交響詩篇エウレカセブン44話  なんかめちゃくちゃ嫌な予感がします。・・・・とみせかけてハッピーエンドで終わるという展開なら大歓迎ですけど、今日の放送見ちゃうとあまり楽観視して見られない。今はトレゾア技研にいるんだね、やっぱり303は月光号に元から置いてあったんじゃなくてトレゾアに行
*LIEBE* : 2006/02/26 19:43
交響詩篇エウレカセブン第44話『イッツ・オール・イン・ザ・マインド』感想☆   「これは、男の戦いなのかー!!!」  ということで、今回は  『ホランドのエイフェックス(AFEXかな?)を撃ち落す為の戦い』  『ドミニクのアネモネを巡る葛藤』  『モーリスとレントンのエウレカを巡る争い(笑)』  の3本仕立てでしたね(^^*)☆
『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆) : 2006/02/26 19:54
交響詩篇エウレカセブン 第44話 投稿者:アヅラ  ■第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」アネモネーー……やっぱり……(ノд・。) 前回ドミニクがくれたアネモネちゃんと持ってるのが…何やってんだドミニクっ! こんかい出てきたジョイ・ディヴィジョン。ワルシャワで連想しても由来はニューオーダーの前バン
〜腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ〜 : 2006/02/26 20:04
交響詩篇エウレカセブン「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  交響詩篇エウレカセブン 4バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る  レントン達が地球にやってきてから、何日たったんだろう?。なんか、全然話が進展しませんね。会話の中から、泉を見つけたって事は分かりました。これって大事なことですよ〜。生きていくために
KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と : 2006/02/26 20:35
交響詩篇エウレカセブン 44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド   なんか最近長いサブタイが続いているエウレカセブンですが、今回は初っ端から笑わせてくれました。 アネモネの始まりとドミニクの苦悩。それを生み出したデューイの非情さ。朝から
星屑の記憶R 〜アニメとゲームを語るブログ〜 : 2006/02/26 22:33
TBS「交響詩篇エウレカセブン」第44話:イッツ・オール・イン・ザ・マインド  アネモネの話は、いったいいつ? という流れでやっと登場。出番と設定のわりには、存在感と強いインパクトを感じさせたユルゲンス艦長も、以降の展開に大きく絡みそうです。
伊達でございます! : 2006/02/27 00:41
交響詩篇エウレカセブン 第44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド感想  今回は、ドミニクメインの悲痛な回でした。 このままでは死ぬとはっきり言われたホランドといい、 絶望病少女達の実験シーンといい、 抗体コーラリアンのはらわたぶちまけるシーンと
ちいさな創造 : 2006/02/27 01:42
Fere libenter homines id quod volunt credunt : 2006/02/27 05:43
「交響詩篇エウレカセブン」No.44  No.44「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」あてもなく彷徨い続けるレントンたちは、ささいなことで意見がすれ違い、気まずい思いをする。一方、ワルサワへ向かったドミニクは、その町でアネモネに関する重大な事実を知る・・・。今回のスポンサー画面、ドミニクで、
日々“是”精進! : 2006/02/27 06:32
交響詩篇エウレカセブン 第44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  交響詩篇エウレカセブン   現時点での評価:3.5〜4.0   [少年の冒険?]   MBS・TBS系列全国   日曜 朝7:00〜7:30 放送   アニメーション制作:ボンズ   http://www.eureka-prj.net/  行くべき道が分からないまま、森の中を彷徨う
アニメって本当に面白いですね。 : 2006/02/27 09:25
のこされ島の鬱夫婦?(エウレカセブン43話&44話)  前回はサークルの合宿で、南房総の田舎民宿に半ば監禁状態だったため、43話を見られませんでした。ようやくブロードバンド配信で視聴したので、昨日の44話と一緒に感想など書いてみよ
blog不眠飛行 : 2006/02/27 14:00
交響詩篇エウレカセブン第四十四話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド   今週もアネモネ祭り? ある意味、祭りではないような気もしますが。むしろユルゲンス艦長祭りというか、サブキャラ祭りでしたね。レントンパートは相変わらず鬱展開。それでは、い
ToyandDiary : 2006/02/27 15:09
『交響詩篇エウレカセブン』#44  「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 アネモネはコーラリアンじゃなくて普通の人
おくいのなんでもdiario : 2006/02/27 15:54
交響詩篇エウレカセブン 44  副題「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  ドミニク、超頑張れ!  …というお話でしたね。  あと、アネモネに関する予想、当たっちゃいました……(汗)。
月の静寂、星の歌 : 2006/02/27 22:43
交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」  交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」です。 エウレカセブンもパソコン録画失敗しました。 困りましたねぇ。この最終回も押し迫った時期に。 前回はすごく絵が良かったでしたが、今回も安定していたような気がするだけに残念です。
藍麦のああなんだかなぁ : 2006/02/27 22:58
交響詩篇エウレカセブン 第44話  サブタイトル「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」   ワルサワを訪れたドミニクは、アネモネの過去を知り、愕然とする...   交響詩篇エウレカセブン 4  以下詳細  ***********
オヤジもハマる☆現代アニメ : 2006/02/28 12:09
エウレカセブン #44 「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  ドミニク動き始めました!って感じなんですが、時々ドキュンっぽくて痛々しい時もありますねぇ。これはレントンも然りなんですが、物語も終盤なんでそろそろパートナーとの仲も完全修
師匠の不定期日記 : 2006/02/28 19:37
イッツ・オール・イン・ザ・マインド  今回の話は暗い上にきつい話だったような気がします。 初めから最後まで暗いまま…。 でも、結構重要な話だったので、やらないわけにはいきませんよね。 提供の時の絵が、やはり変
スカイフィッシュ : 2006/03/02 21:19
交響詩篇エウレカセブン 第44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」  (公式サイト) ドミニクの下へやってきた、アネモネのペット。 もちみたいにすごい伸びるんですね(笑) なぜやってきたのか?と考えるドミニク。大佐が?と考えるが・・・どうなんでしょ? アネモネがやってたりとか僕は考えたんだけど。それはないかな? さて今
布達の橋 : 2006/03/03 10:46
OTHERS