posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 交響詩篇エウレカセブン 第41話 「アクペリエンス・3」  ◆  今週の週刊少年ジャンプ10号 感想 >>
23:55
posted by Killer Queen
雑記(バトン)
comment : 2
trackbacks : 0

穴埋めバトン

今日は、赤月さんから回ってきた穴埋めバトンをやりたいと思います。これは、お題は回す人が決めるということで、僕は「ドラマ」を指定されたので、質問文の『』がすべてドラマになっています。

・・・ということで以下回答。興味のある方だけどうぞ。


1.PCもしくは本棚に入っている『ドラマ』は?

えーと、PCには何も入ってないです。本棚にも何にも無いですね。基本的に、ドラマのDVDとかは買わないので。古畑任三郎とか白い巨塔のDVDBOXは欲しいんですが、イマイチ金が無いっていうこともあり買ってないです。いつか買います。


2.今妄想している『ドラマ』は?

これは、今クールのドラマの展開の妄想とかそんなんなんでしょうか?全部が全部妄想するワケではないので、ここは「小早川伸木の恋」についてちょこっと書いておきますかね。
今のところ、伸木とカナは一線は越えてないですが、今週の話でやっちゃうらしいということを踏まえて書きます。
まぁ、漫画では裁判沙汰になって離婚しましたが、ドラマではそこんとこまでやるのかは不明です。でも、カナと伸木は、意外と最後はくっ付いて終わる可能性もあるんじゃないかと。最初は、結局は伸木は奥さんの元に戻るというか、カナと別れて終わりになると思っていたのですが、そうじゃないエンドもありかなと思いまして・・・。くっ付かないにしても、奥さんが今のようなウザい構ってちゃんじゃなくなるとか、伸木はカナとも奥さんとも別れて一人になるとかいうのも面白いかと思いますね。
って妄想というより予想になってしまいましたね。しかも、大した予想じゃなくて申し訳ないです。

3.最初に出会った『ドラマ』は?

スケバン刑事」ですかね。しかも、二代目の南野陽子のスケバン刑事だとおもいますね。「おまんら、許さんぜよ!!!」ってヨーヨー持って真似していた記憶がありますwそれに、親曰く、南野陽子と結婚する、と僕はいつも言っていたらしいですwいや、今でも南野陽子は結構好きですけどね。ちなみに、4代目襲名!あややがスケバン刑事は何だかなぁ〜って感じです。


4.特別な思い入れのある『ドラマ』は?

子供が寝た後で」です。これは僕の中では名作です。今まで見たドラマの中でも1,2位を争うほどにいいドラマです。柴田恭平と風間トオルと故・三浦洋一氏が出ていたドラマで、主題歌は槇原敬之の「もう恋なんてしない」です。山口智子とか、かとうかずこも出てましたね。
女好きで子供嫌いな人気童話作家の広瀬は、ある日、知らない女から子供(健太郎・好美大)を押し付けられてしまう。幼稚園で出会ったバーテンダー(風間)やホテルマン(三浦)と共に、共同生活を始めることになるのだが…。
というのが、簡単なあらすじなんですけどね。少し詳しく言うと、柴田恭平が面倒見るのは自分の子供じゃなくて、かとうが他の男と作った子供なんです。恭兵は、子供をかとうのところに戻す事になるんですが、子供に「お前の父親は?」と聞くと「広瀬太郎(恭兵の役)40歳です!」と答えるので、何度も本当の父親の名前を言わせようとします。やがて本当の父親の名前を言うようになるんですが、あの子供も恭兵も悲しくなって泣き出す。でも、結局柴田のところに戻ってくる・・・という感じなんですが、名前を言わせる風呂場のシーンはかなり感動します。再放送は、三浦さんが亡くなってからされてない上に、DVD化もVHS化もされてないです。だから、見てない人は、再放送されたりしたら是非みて欲しいですね。
広瀬の子供の「関係ないね!」という台詞も印象的ですし、広瀬のナンパの手口の「前世で。」みたいな台詞も印象的です。ホントにいいドラマでした。


5.最後にバトンを回したい5人&指定語

とくにアレなので、ここでストップということで。






posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

管理者の承認待ちコメントです。
from  - : 2006/02/07 11:26
管理者の承認待ちコメントです。
from  - : 2006/02/07 14:56
   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/183

OTHERS