posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< ぱにぽにだっしゅ! 第26話 「一寸先は闇」 感想  ◆  今週の週刊少年マガジン4・5合併号 感想 >>
23:52
posted by Killer Queen
TV(ドラマ)
comment : 0
trackbacks : 0

今クール見た連ドラについて少し語ってみた。

先週で、今クールに放送されたドラマが終了したということで、僕が見ていたドラマについて少しですが、まとめてレビューでも。

僕が見ていたドラマはというと、「危険なアネキ」・「1リットルの涙」・「嬢王」の三つです。他にもちょこちょこ見ていたものはあるんですが、欠かさず見ていたわけではないので、レビューは無しの方向で。


・・・ということで、以下レビューです。興味ある方だけどうぞ。


●危険なアネキ(75/100点)

意外と面白かったです、このドラマ。伊東美咲が主演と言うことでどうなるかとも思いましたが、森山未来や高島政伸などがいい味出していましたし、伊東美咲も良くこんな役引き受けたなーといった感じでした。実際、こんな姉がいたら森山未来演じる勇太郎のように誰もがキレると思いますけどねw
毎回、その伊東美咲演じるブッ飛んだアネキと森山未来演じる真面目な医者の弟がすれ違いとかありつつも、最後はアネキと弟の気持ちが通じ合うというか、アネキの思いを弟が理解して受け止めるというか、そんな感じのところが良かったと思います。
最後は何気にほろっとするような展開がありましたからね。テーマが姉弟愛だったんですが、それなりに描かれていたんじゃないでしょうか。最終回で続編あるかもみたいなことを言ってたので、少しだけ期待しておきますw
今までの月9とは違った路線のドラマでしたが、個人的には結構満足できるものでした。主題歌のPOPSTARも良かったですしね。まぁ、VIPSTARを聞いてからはニヤニヤしながら見てましたがwww
公式はこちら


●1リットルの涙(90/100点)

このドラマは今年見たドラマの中で一番のドラマでした。毎回、泣かされてましたし。レミオロメンの粉雪は、亜也(沢尻エリカ)と遥斗(錦戸亮)の二人だけのシーンで流れてくるんですが、それがいいところで流れるんですよ。オマケに主題歌の、Only Humanも良かったです。すごく。EDの映像も良かったですしね。
亜也も終盤に近づくにつれて徐々に喋れなくなっていったり、まともに歩けなくなっていったりと演じる方も難しかったと思います。見ている方も辛かったですけど。
そして、遥斗が亜也と交流していくうちに、人のために何かをしてあげたいと思うようになり、死んだ兄と同じ医者を目指し始めるところも良かったです。成長したなーといった感じで。それは、成海璃子演じる亜也の妹の亜湖にも言える事ですけどね。
父親を演じた陣内さんもいい味出していましたし、薬師丸さんの母親も良かったと思いますよ。
唯、残念だったのは亜也が死んだ後の遥斗っていうのが描かれていなかったことですかね。そこも見たかった気がします。
公式はこちら


●嬢王(70/100点)

原作の漫画が好きだと言う理由で見始めたこのドラマ。深夜帯ということもあってかお色気シーンもそれなりにあって、原作の雰囲気もそこそこ出ていたんじゃないでしょうか。
最後の方とかは、原作と違う展開でしたがそれなりに楽しめました。AV女優が三人出ていたのも個人的には良かったですww
彩も原作とは少し違う感じかなとか最初は思ったんですけど、物語が進んでいく度に違和感はなくなっていました。彩の髪は長い方がいいとは思ったんですが、ショートでもそれなりでしたね。
ま、原作はこれからも続いていくのでそちらも応援していきたいと思います。
公式はこちら


一月からのドラマはまだどれを視聴するか決めていませんが、一話を見てどのドラマが視聴確定化どうかを決めようかと思っとります。


posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://killer-queen.jugem.jp/trackback/154

OTHERS